pagetop

採用情報 入社式の様子

  • サイトマップ
  • ホーム

ASCOT 明日の情報システムを創造する 株式会社アスコット

  • 資料請求
  • ISO27001取得企業
  • 製品紹介
  • コンサルティング
  • 会社概要
  • 採用情報
  • セミナー



平成27年度 入社式の様子

平成27年4月1日(水)
当社は10名の新卒者を社員に迎えました。

入社式

森井社長のお話

入社おめでとうございます。
立派に大学を卒業し、今日こうして、アスコットに入社されたこと、心からお祝いし歓迎の意を表します。

株式会社アスコットは、創業20年を過ぎ、社会的評価というか認知度が大変向上し、全国のお客様から多くの引き合いが来るようになり、大変好調な受注が続いております。
このような状況にかんがみ、さらなる飛躍のために、今年から例年の倍の10名の採用に踏み切ったわけでありますが、人数だけでなく、例年以上の優秀なあなた方が入社してくれたこと、社員一同大変喜びとするところであります。 

採用活動をしていて、いつも思うことですが、採用決定は「縁」です。 あなた方はたくさんの会社の中から、アスコットを選んでくれました。私共もたくさんの応募者の中からあなた方をアスコット社員として決めさせていただきました。 これは人生において、お互いの大きな出来事で、何かの深い「縁」であるとしか思われてなりません。
これから先、あなた方の将来に色々なことが起こるかもしれませんが、この縁を大切にし、アスコットの社員として、みんなと助け合い、末永く頑張っていただきたい。 

アスコットは、本年、創業23年目を迎えました。
アスコットの先輩社員は、この間、がむしゃらに働き、仲間やお客様を増やし、経営成績も順調に伸ばして参りました。そしてこの間、アスコットの進むべきあり方をみんなで考えてきました。その結果、私たちの進むべきビジネスシナリオが確立できたのですが、それは、今年度の年頭の方針発表で確認し合ったものであります。 

すなわち、アスコットは、私たちのお客様、中小・中堅企業のお客様のために 
@ 真に役立つ、経営課題解決型のパッケージソフトASPACを開発し続けること、そしてそれは、お客様のビジネスモデル(業種・業態別)の強化支援型であること、
A そのASPACを必要とされる業種・業態のお客様に、きちっとご提案し提供できること(営業)、
B そして受注したお客様のシステムをノートラブルで開発出来ること、そのSE力をつけること。
C さらに今年から、中小零細企業でも、勝ち進もうとするお客様には、サーバを持たなくともASPACをお使い頂けるように、中小クラウド事業に取り組もうとしています。
つまりこのことは、別の表現をすれば、 アスコットは、我が国中小企業のお客様の、情報システムの課題解決に真に貢献できること、それがアスコットの存在意義であり、「アスコットの社会的使命」であるということであります。 この「アスコットの社会的使命」を忘れず、頑張っていただきたい。
そのためには、まず、社員一人一人が研鑽し、実力アップに努め、信の得られるSEになっていただきたい。「信の得られるSEたること」はアスコットの創業の精神なのです。

あなた方は、SEとして入社してくれました。  SEとなるためには、コンピュータや通信技術についての知識(J1)、プログラム開発やシステム設計技術(J2)、そして、簿記会計や販売・在庫管理等の経営管理の知識(J3)、さらにはシステム開発管理のプロジェクトマネージメントの技術(J4)の、たくさんのことを学び、身に付けねばなりませんが、アスコットでは、それらについての研修制度を設けています。

明日からあなた方への新人教育が始まりますが、先輩社員が講師となり、ITの基礎から、わかりやすく、きっちりと教育をしてくれます。 システムの設計ができ、お客様へのコンサルができる、一人前のSEになるためには、数年以上かかりますが、先ずは最初の1年間のプログラム基礎研修が大切です。 入社一年目の新人教育を一人も落ちこぼれなく、プログラムをしっかりと組めるプログラマーとなり、新人研修を卒業していただきたい。できる優秀なSEとは、プログラムの出来るSEです。

本日皆さんへの「はなむけの言葉」として、4つの言葉をお贈りします。 毎年、同じ言葉をお贈りしていますが、当社社員になる人への私の想いでもあります。

1つ目は、技術者として、システムエンジニアのエンジニアとして『基本に忠実であれ』ということです。 プログラム開発にしろ、システム設計にしろ、プロマネにしろ、プロのプロたることは、作業の「基本に則って仕事をする」ことです。今まで発生したトラブルはすべて、この基本対応の欠如から起こっています。先輩諸君はこの「基本的取組」の教育をしっかりやって頂きたい。 「コンピュータは正しく間違う」という言葉があります。コンピュータは正直に答えを返してくれます。

2つ目は、『感動する心を大切に』という事です。アスコットの社員は創造性とチャレンジ精神が大切です。そのためには、「感動する気持ち」を持ち続けていただきたい。ITの技術進歩はきわめて激しい。変革するIT技術を、ASPACへ取り込むことを怠ってはいけません。ITの進歩が、私たちに新しいビジネスチャンスをもたらしてくれるのです。
そして、さらに大事なことは、お客様からの無理と思われるご要望やクレームに、逃げずに前向きに「感動する気持ち」で取り組んでいただきたい、ということです。お客様の厳しいご要望やクレームにこそ、私たちを成長させてくれるありがたい宝物があります。
そして各人は、現場で学んだ多くの「感動の事柄」を個人だけのものとせず、各部レベル全社レベルまで高め、「新SEサポート方式」や「新ASPAC」へとつなげていただきたい。

3つ目は、『Giveの方がTakeより大であるように』ということです。 あなた方は、生まれてこのかたTake中心の人生でした。ご両親や社会から恩恵を受けて育まれてきました。社会人となった今日からは、いろんな意味でGiveの方がTakeより大となるよう努めて頂きたい。これは会社の発展、社会の発展、人類の進歩にとって大切なことであります。 
これを、われわれの仕事で言えば、たとえば私たちがお客様から100万円のシステム開発の仕事を頂いたとします。その場合、私達は、100万円以上の効果の出るシステムを作らねばなりません。 お客様から頂いた価値以上の価値をご提供できることが私たちの役割です。

4つ目は、『初心を忘れずに』です。 今日、あなた方は、立派なアスコットのSEになるのだと、強い思いを持って入社してくれました。 会社生活をすれば、いいことばかりでなく、いろいろないやなことも起こるでしょう。そのような時は、今日のこの初心を思い起こし、立派に乗り越えていただきたい。私は、あなた方の先輩諸君が、難しい問題に遭遇した時くじけずに克服し、そのたびに一段上の人間に成長した人たちをたくさん知っています。 

1、 基本に忠実であれ

2、 感動する心を大切に

3、 Give>Takeである人生を

4、 初心を忘れずに

この4つ言葉をお贈りし、入社式の挨拶とします。

天の星々がきらびやかな天空を
飛びゆくように、楽しげに
兄弟たちよ、自らの道を進め
英雄のように喜ばしく勝利を目指せ

抱擁を受けよ、諸人(もろびと)よ!
この口づけを全世界に!
兄弟よ、この星空の上に
ひとりの父なる神が住んでおられるに違いない

ベートーベン 第9交響曲・歓喜の歌


恒例の記念撮影(平成27年4月1日)

本社近くの公園にて


本年度の新入社員たち



  • 株式会社アスコット 本社 地図
〒540-0021
大阪市中央区大手通1-4-10
大手前フタバビル6F
TEL 06-6944-9211
FAX 06-6944-3233
  • 東京支店
〒101-0044
東京都千代田区鍛冶町2-9-6
徳力本店ビル6F
TEL 03-5209-0123
FAX 03-5209-0121
  • お問い合わせ
  • 資料請求



このページのトップへ