pagetop

販売管理システム「ASPAC−生産財卸」の 導入事例

  • サイトマップ
  • ホーム

ASCOT 明日の情報システムを創造する 株式会社アスコット

  • 資料請求
  • ISO27001取得企業
  • 製品紹介
  • コンサルティング
  • 会社概要
  • 採用情報
  • セミナー



管工機材卸、機械工具卸、建築資材卸売業向け販売管理システム 「ASPAC−生産財卸」
資料請求 セミナー情報

  • 概要と特長
  • システム仕様
  • 導入事例

管工機材卸売業様の「ASPAC−生産財卸」の導入による月次決算の実現

A社様は、会社環境の変化が日々、著しく激変する中、会社の状況を常に正確に把握し、当社のモットーである機敏性に磨きをかけ、経営に活かすことが不可欠であり、そのためには月次決算を行うことが必須条件となっていました。月次決算への対応の重要性が高まる中、販売関係の月次関係資料の作成にかなりの時間を要し、多くの不満を抱きつつ、会社の全体業務処理を見直すことで、月次決算の抜本的な迅速化・精度向上に取り組んだ事例です。

導入目的

  • 全社業務手続きの業務標準化
    拠点によって逸脱した手続きの見直し、また、現行ルールの見直しによる最適なルールへの仕組みの改善を行い、システム手続きに基づく業務運用を実現する。
  • 在庫管理の改善
    取扱商品点数が非常に多いため、単品在庫管理が行われておらず、現在庫が把握できてない。また、商品ごとの売上実績の把握ができておらず、長期滞留在庫の管理もできていないため、商品の仕入・在庫に関して、まったく経験と勘に頼っている状況。
  • 工事現場単位の情報化
    工事現場管理が営業担当者におまかせ状態であり、売掛金の滞留に加え、粗利益の把握ができていない。
  • メーカからの要請に対するEDI対応
    メーカ(仕入先)からは、商取引効率化のためEDIに対する強い要請があり、これに対応していくことは、取引継続・仕入コスト削減のために重要

導入システムイメージ

導入効果

  • 月次決算の時間短縮と精度向上 − 1ヶ月から1週間に
    迅速な月次決算が実現でき、また、信頼性の高い決算書に近づいて、予算対比による予実管理の実現が可能となり、経営目標・経営計画に基づく予算について、月次で実績対比を行え、当社が抱える問題点を把握し、改善点が浮き彫りになった。
  • 不良在庫と過剰在庫の一掃
    取扱商品を、顧客サービスの在り方によって、在庫定番品、定番取寄品および非定番在庫に分け、在庫が必要な商品を絞り込むことと、不良在庫・過剰在庫の発見を可能にすることで、在庫削減を実現。
  • 工事現場ごとの情報管理の実現
    情報の一元化とデータの共有により個人管理から組織管理ができ、また、個人が個々にコスト意識を持ち組織的に管理も行え、工事現場ごとに利益目標を立て、管理し、現場ごとの利益を確実に積み上げて、会社への利益貢献が期待される。
  • メーカとのEDI対応の実現
    仕入先(メーカ)からのEDI要請に対応し、発注業務の効率化を図るとともに、仕入先との関係強化を実現。

  • 株式会社アスコット 本社 地図
〒540-0021
大阪市中央区大手通1-4-10
大手前フタバビル6F
TEL 06-6944-9211
FAX 06-6944-3233
  • 東京支店
〒101-0044
東京都千代田区鍛冶町2-9-6
徳力本店ビル6F
TEL 03-5209-0123
FAX 03-5209-0121
  • お問い合わせ
  • 資料請求



このページのトップへ